ポパー


Popper

戻る

作成日 2003/3/28

「Popper, Karl Raimund 1902〜1994 現代イギリスの哲学者、ロンドン大学教授。<批判的合理主義>の旗を出している。ウィーンで生まれそだち、ヒトラーのオーストリア併合のころニュージーランドへ亡命し、戦後イギリスへ招かれた。ウィーンで論理実証主義の運動と接触していらい、一貫して、その主流とくにカールナプに代表される見解に反対しつづけている。科学の法則や理論は、感覚的経験からの帰納によってえられるのではなく、既存の一般的説明(原始的なものや思弁的なものもふくむ)の漸次的改善(仮説提起とその反証、つまり、試行錯誤法による)によって<経験的内容>ゆたかなものとなるのだ、というわけである。 社会的実践や歴史にもつよい関心を寄せ、この点でも分析哲学者中の異色といえる。ファシズムに反対して民主主義と自由の擁護を力説するが、社会主義-共産主義をファシズムと同列に置く誤りのために、社会革命に反対して<漸次的社会工学>に 固執する結果になっている。」

哲学辞典 森 宏一編集 青木書店 より


※左よりですね、でもいい辞典です。




ご意見ご感想等ありましたら下記へメールをください。
asanami@mxb.mesh.ne.jp


戻る