観念論T


観念論と唯物論

戻る

作成日 2001/1/1

「物質に対して観念的なものの根源性を主張する立場。@イデア(プラトン)や宇宙的な
精神(ストア学派)を世界の原理とする形而上学。カント以後のドイツ観念論(ヘーゲル
の絶対精神の自己展開)等。Aバークリーのように、物質的世界の客観的実在性を否定し、
世界は終極的には神の観念にすぎないと見る立場。Bカントおよび新カント学派の認識論上
の先験的観念論。」 広辞苑 第5版より

「観念論は心だけが存在するという理論である。明らかに観念論は二元論と両立できない。
と言うのも、二元論は心と物理対象の両方が存在するという理論だからである。『物理対象
は存在しない』ということで観念論者が言わんとすることは、誤解を招くおそれがあり、
たいてい誤解されている。どんな観念論者でも、テーブルやレンガ、木片、そのほか普通に
物理対象とされている物が存在していないなどとは言わない。ただ、物理対象について事実と
見なされている次の二つのことを認めないのである。ひとつは、物理対象が知覚されずに
あるいは思考の対象とならずに存在しうること。もうひとつは、それが物質的であること、
つまり『物質』とよばれる実体からできていることである。おそらく観念論者は物理対象に
不変の性質を認めず、この意味で物理対象の存在を認めないのである。しかし、普通なら物理
対象があるとされる視覚や触覚上の場所には、実は空虚か隙間しかないのだ、などと主張して
いるのではもちろんない。私の知るかぎりそんなことを言った哲学者はいない。観念論の中心
をなす主張は、『物理対象は心から独立に存在しえない』というものである。心がなければ、
いわゆる物理対象も存在できないことになる。存在するものは意識のなかだけに存在できる。
それゆえ、常識的ないし素朴な見方から物理的とされているものは、実は心的なものと見なさ
れる。物理的なものは心的なのである。」「心と身体の哲学」S.プリースト著 勁草書房 より

観念論者は唯物論を打破できない。なぜなら、人間は主観から抜け出すことができないから
である。もし、主観から抜け出すことができれば、「やはり主観から独立した客観的実在は
なかったよ。だから唯物論は偽だ。」といえるのだが。

一方、唯物論者も観念論を打破できない。これも、人間が主観から抜け出せないことによる。
もし、主観から抜け出すことができれば、「やはり主観から独立した客観的実在があったよ。
だから観念論は偽だ。」といえるであろう。人間は主観から抜け出せない。ゆえに、今後も
観念論と唯物論は生き続けるであろう。




ご意見ご感想等ありましたら下記へメールをください。
asanami@mxb.mesh.ne.jp


戻る