時間論「唯物論的時間T」の概要


「唯物論的時間U」より

戻る

作成日 2003/5/3

「存在」を、ありのままにとらえても、「運動」としてとらえても、とらえているの
は、主観であって、「存在」自体ではない。あくまでも、「存在」をとらえている主観
は、「存在」とは別のものである。主観無しに、「存在」をとらえるということは、あり
えない。「存在」をありのままにとらえるには、とらえているのは主観であるということ
を自覚する以外にない。「存在」を純粋に客観的にとらえることは、不可能である。

現在における「存在」の状態と現在の時刻(時点)における「存在」の状態は、異な
る。現在における「存在」の状態は、「動いている状態」つまり「絶対静止ではない状
態」であるが、現在の時刻における「存在」の状態は、「絶対静止の状態」である。現在
における「存在」の状態、つまり、「動いている状態」、「絶対静止ではない状態」
が、「存在」本来の基本的状態であるとすれば、時間は不必要となる。なぜなら、「存
在」が存在していれば、それは「動いている」のである。「存在」は、時間の経過ととも
に、あるいは、時間が経過することによって、「動く」のではなく、「存在」それ自体に
よって「動く」のである。つまり、「動く」ということは「存在」に含まれている。一
方、「存在」を時刻でとらえると、「存在」の状態は「絶対静止の状態」である。「存
在」が「動く」ためには、次の時刻へ進まなければならない。つまり、時間が経過すると
ともに、あるいは、時間が経過することによって、「動く」状態が生ずる。「運動」にお
いては、「存在」を時刻でとらえる。「存在」が「動く」ととらえる。つまり、時間の経
過とともに、あるいは、時間が経過することによって、「存在」が「動く」ととらえる。
したがって、「運動」においては、時間が必要となる。このように、とらえ方のよって、
不必要になったり、必要になったりするということは、時間は客観的実在ではなく、主観
的なものであるといえる。しかも、現在における「存在」をありのままにとらえ、「存
在」本来の基本的状態は「動いている状態」であるとすると、時間は不必要になる。しか
し、時間が必要となる「運動」においては、「存在」を時刻でとらえるが、時刻で、厳密
に、現在における「存在」をありのままにとらえることは不可能である。よって、「運
動」は、現在における「存在」をありのままにとらえることより主観的である。

「存在」をありのままにとらえた場合、現在における「存在」の状態が「絶対静止」の
状態でない限り、「存在する」と「動く」は、全く同じ意味である。

仮に、「現在」を、「ある直線上を一方向に動いている点」とすると、「時刻」は、
「その直線上に静止している点」である。この両者は、決して等しくはならない。「動い
ている点」が「静止している点」を通過する際も、この両者は等しくはない。「動いてい
る点」は、決して止まることはない。「動いている点」が「静止している点」を通過する
ことは、「動いている点」と「静止している点」の状態が同じであることにはならな
い。「動いている点」は常に「動いている」。「静止している点」は常に「静止してい
る」。つまり、両者は常に異なる状態にある。「動いている点」が「静止している点」を
通過する際も、両者は異なる状態にある。通過することは、同じ状態であることにはなら
ない。


この場合、「時刻」である「静止している点」は、直線上で「長さ」を持たないの
で、「時刻」である「静止している点」が直線上に隣接しないで無限個並んでも直線には
ならない。



二つの離れた位置A、B、があるとする。そして、物体がAを通過し、Bを通過する、
とする。A、B、の間には、無限個の位置がある。Aを出発して、Bに到達するには、無
限個の位置を通過しなければならない。限られた距離、限られた時間を無限に分割するこ
とは、可能であるかもしれないが、無限個の位置を順番に全て通過し終える。ということ
は不可能である。したがって、位置に基づいて物体が動くとすれば、Aを通過してもBに
到達できないことになってしまう。しかし、実際にはBを通過する。つまり、位置に基づ
くと矛盾する。このことは、位置が客観的実在ではなく、あくまでも主観の働きによる主観
的なものであって主観外に実在しないことを表している。さらに、位置Aと位置Bの間が離れ
ている限り、限り無く小さな距離であっても、離れている限り、その間には無限個の位置
がある。したがって、位置Bが、位置Aに隣接した位置であるためには、位置Aと位置B
とは離れていてはいけないことになる。よって、位置Aに位置Bが隣接して並んだものは
位置Aと等しくなくてはならない。また、それを妨げるものは何もない。このことは、位
置が主観外に量を持たないということを表している。すなわち、位置が隣接して並ぶ限
り、無限個並んでも一つの位置と等しくなる。




ご意見ご感想等ありましたら下記へメールをください。
asanami@mxb.mesh.ne.jp


戻る